AEDは低価格高性能!救命講習推進ガイド

AEDは低価格高性能!救命講習推進ガイド

昨今のAED講習と価格について

AED価格と操作

AEDがいくら優れた医療機器だからといっても操作する人のスキルが乏しければ効果も半減しかねません。

またAEDの価格が高く購入出来ないからと言って使用スキルを習得しないと思う必要もありません。
今ではいたるところにあるAEDは市民が使用できるように導入されたものです。
AEDを購入しなくても、使用する機会はあるかもしれません。
ぜひ、この機会に講習を受け一人でも多くの知識や技術を習得くしてみてはいかがでしょう。
また定期的に受講をしなければ忘れてしまいますし、新しい情報も更新されていきますので、理想は3年に1度講習を受けることが望ましいと思います。

 

代表的な講習可能な施設は「消防局」ではいくつかのコースを用意しています。

 

AED普通救命講習1

普通救命講習1

心肺蘇生とAEDに関する講習(3時間程度)

 

AED普通救命講習3

普通救命講習3

小児や乳幼児に、新生児に対する心肺蘇生とAEDの講習(3時間程度)

 

上級救命講習

(1)、(2)の普通救命講習の心肺蘇生とAEDの他にも傷病者の管理法や副子固定、そして熱傷の手当と搬送法などの講習(8時間)

 

救命入門コース

救命入門コース

胸骨圧迫とAEDに関する講習(1時間半)

 

応急手当普及員講習

応急手当普及員講習

普通救命講習の指導者となるエキスパートを目指す講習(3日間)

 

私の調べた消防局で行われている講習のコースと内容になります。
※詳しくは最寄りの消防局へお問い合わせください。

 

心肺停止の処置方法は詳しくはいくつかのやり方があるようです。
その理由はその人の年齢や症状等、色々な要因がありそれぞれに合った処置がベスト。
ですが、これを一般の人が覚え判断することは非常に難しいでしょう。
そこで、現在では誰もが心肺蘇生を行えるように、やり方が統一されるようになりましたようです。
このようにどんどん進化する心肺蘇生方法は、学ぶ人の用とに合わせ、講習の細分がされるようになり、子供と接することの多い保育士等の人向け用の講習コースや、更に詳しく学べるコース、AEDに特化した短時間なコースと枝分かれされています。
まずは、自分にあったコースを見つけて救命の第一歩を踏み出してみてはいかがでしょう。

 

今のAEDの価格は

また今のAEDはどのような機種があるか?値段や購入できる価格が気になる人はこちら
AED価格コム
価格情報の他、購入やレンタルなど契約方法の違い、販売店の紹介等などあり導入を考えているのであれば、安く入手できる目安になるかもしれません。

 

今後は、どんどん安い価格のAEDも発売され多くの人々が所有し、また新たな機能も出てくる事となるでしょう。
それに合わせ私たち、操作する人も追随しなくてはいけません。
その為にも、講習は定期的に受講し知識の更新や定着も必要かと思いますので、AEDを導入したから安心ではなく講習とセットという認識を持っていた方が得策かと思います。

 

 

AEDに補助金が出れば敷居が下がるのでは

 

仕事柄目に付く機会があったので

 

数年前まで勤務していた会社の納入先であった病院に導入されたのがきっかけです。その後、公共施設に導入され始めて見かけるようになりました。
見かけた当初はイメージ的にアメリカ映画に出てくる心臓を電気で動かす装置だというくらいの感じでした。
果たして通りすがりの一般人にどこまで使いこなすことができるのか、自分自身が救命の現場に遭遇してきちんと対応することができるのか不安に感じました。

 

 

企業団体までかな

 

その後、AEDの使い方を教えてもらえる講習にも参加して一応は使える自信はつきました。当然あれば人命救助に役立つことはわかりますし、一般家庭にもあれば助かる命も出てくると思います。しかしながら費用の問題もあり、レンタルするにしてもAEDが必要な状況になりやすい老々介護を余儀なくされる高齢世帯にとってはかなりの負担であると思われます。
現状の人力による心臓マッサージでも十分対応できるという認識もあり、個人的導入には至っていません。
AEDに補助金が出ればまだ可能性はありますが。

 

敷居の高さ

 

全国各地の自治体や、大型ショッピングモール、企業などでAEDの講習会が開かれています。実際に使ってみればとても簡単なのですが、どうしても心臓マッサージ+電気ショックというところで敷居の高さを感じる人が多いと思います。「ER」などの医療系のドラマで出てくる電気ショッカーのイメージでとらえている人も多いので「何の専門知識もない自分には無理」と決めつけている人も多いように感じます。実際に触る機会をもっと増やしていくと敷居の高さがなくなるのかもしれません。

 

 

救急箱感覚へ

 

価格面、一般の人のイメージ、耐久性などの課題をクリアした後は、どの家にも救急箱があるようにAEDがあるようになってほしいと思います。突発的な心臓発作だけでなく、外傷による心停止もあり得るのでどの家庭にもあればリスクの軽減と救命の可能性が高まることが期待されます。
使い方は極限までシンプルに設計されているので、後は地道な啓発活動と量産化による価格低下を推進していくことが重要ではないかと思います。また一般家庭に対する導入にも自治体などの補助やサポートが必要と思います。

続きを読む≫ 2018/08/09 07:45:09

買取プレミアムで効率よく

 

よく見かけるようになった箱のこと

 

駅の構内でよく見かけるようになって、ニュースなどでそれが何なのかを知りました。
個人でも正しい知識があれば、救急車が来る前に応急処置ができると聞いて
これが普及するれば、救える命が多くなるんだと期待に胸が高鳴りました。

 

 

もう少し技術革新と知名度が必要

 

まず第一に個人が所有するものだという考えがなかったです。
調べてみたら家庭でも導入されている方がいて驚きました。
まだまだ知名度が低いんだと身をもって感じました。

 

また、法人で所有するならば出来るだけ導入すべきだと思います。
ただ個人が所有する場合、値段や、大きさの面でスポーツチームなどの
団体でないと持つことは難しいと思います。

 

また、単身者である自分個人の話ですと、現状所有しても使う機会がほぼないこと、
それに対してやはり値段や取るスペースに対するリターンがあまりにも少ないと
感じていて、個人でも所有できると知った今でも、手元に置こうという気持ちが
なかなか進みません。

 

 

知名度がまだまだ低い

 

繰り返しになりますが、とにかくAEDについて存在や、正確な知識を持っている人が少ないと思います。
現在では教習所で必須科目になっています。
しかし、そこで受けてない人は、特に年齢が高い人ほど使い方や目的など曖昧な知識しか持っていないこと、これが一番の問題だと思います。

 

さらに正しく使おうとしている人に対して、静止したり、非難を浴びせたりしたりする人がいると聞いたこともあります。
それらのことが普及に対してのネックの1つだと思います。

 

 

もっと小さく、低価格、簡単に買取プレミアムであ疲れば

 

将来的にはスマホ感覚で持ち運べて、ポケットに入れても邪魔にならないサイズになれば良いと思います。
そうすれば、いつでもどここでも人命救助ができる用になります。

 

値段に関しては、せめて最高でも、今のiPhone程度の価格まで値段を抑えてほしいです。
買取プレミアムの質店でもシステム化を行い取り合う使いができるようになれば更に良いと思います。
個人で所有するには、買取プレミアムで現金に換えてAEDを購入することくらいです。
買取プレミアムは口コミでも良い評判なので質店で扱うのであればここが良いと願っています。

 

また使い方などもっと簡単にしてほしいです。小さな子供やお年寄りでも。安心して使用できるようになれば本当に街中にAEDが溢れる時代が来ると思います。
そうすれば応急救護で救える命がうなぎのぼりに増えていきますし、いつかそうなって欲しいと願ってやまないです。

続きを読む≫ 2018/05/08 08:06:08

講習会で知りました

 

AEDを初めて見たのはマンションの管理人の仕事をしているとき、救急救命の講習会が消防署で開催されたときです。一人ひとり、実際にAEDの使い方を実践して体験をしました。ですから今でも緊急時には使用が出来ます。講習会の終了後消防署から証明書を頂き常時携帯しています。人口呼吸の仕方も家族にやらせて、AEDとはどのようなものかも教えてあります。緊急時の人の命はまさに秒単位ですのでAEDの必要性を痛切に感じます。

 

 

本当は欲しい

 

私は一年前に脳梗塞を患い、現在は毎日リハビリに専念しています。AEDは心肺停止など重大事の緊急時に必要な救命器具ですが、脳梗塞患者は、心臓麻痺の可能性が一般の方より高いのではないかと危惧しています。買えば高価なものですし、レンタルも経費が掛かります。身近にあればと思っていますがままなりません。今はまだ元気ですが、もう少し高齢になったら必要になるかも知れません。

 

 

老齢者に配布を

 

現在は公的機関、例えば市役所なり駅やコミセンなどに普及しているとはいえ、認知度もいまいちですし、一般の方は知らないのではないでしょうか。自分は講習を受けましたのですべて分りますが、もっと認知してもらうには、教育の場で講習をしてもらうべきと思います。学校には設置がされてはいると思いますがどうでしょう。ただのお飾りではいけませんし、せっかくあるのでしたら講習をしたらどうでしょうか。学校は勉強するばかりが能ではないはずです。また、高齢者には特に必要なものですから、介護の現場やデイサービス施設にはぜひ設置してもらいたいものです。私の通っているデイケアのところにはないようです。ひと月に延べ何百人のお年寄りが通っているのですから不測の事態は常にあるような気がします。

 

 

もっと普及、認知を

 

一家一台とは言いませんが、もっと身近な存在となって欲しいものです。少なくとも介護現場である病院や診療所、デイサービス施設、訪問看護師、医院、警察、派出所、郵便局、大型商業施設、すべての教育機関、バス停、街角などに設置したら良いと思います。既に設置がなされているところでも利用方法を大きく書いた表示板を置いて多くの人の目に付くようにしたらどうでしょうか。

続きを読む≫ 2018/05/08 08:03:08

とあるサッカーイベントで

 

私がAEDを知ったのは、現在J2リーグに所属する松本山雅FCのサッカーイベントに参加した時だった。そのイベントは、松本山雅FCの選手交流会やグッズ販売といったものであったが、そのイベントの中で取り分け注目を浴びていたのが、ある選手のコーナーだった。その選手の名は「松田直樹」。彼はサッカーの練習中に突如倒れ、その場で亡くなったらしい。その練習場にはAEDがなかった。「もし、その練習場にAEDがあれば、彼は助かったかもしれない」とコーナーの担当者が目に涙を浮かべながら話していた。この話を聞いた時にAEDとは何かということを知った。

 

 

全スポーツ施設で導入すべき

 

スポーツ中に突如倒れ、そのまま亡くなってしまうというスポーツ選手の死亡事例はこの松田直樹選手だけではない。日本だけではなく世界で起こっている。そのほとんどが、その場にAEDがなかったためになすすべなく命を落としたというものであるのだ。もし、その場にAEDがあれば、命を救うことができたかもしれないのに、AEDがないがために命を落としてしまった。というのは、なんとも悲しいことである。そのような最悪の事態を避けるためにも、あの悲劇を繰り返さないためにも、全スポーツ施設にAEDを設置すべきであると私は考える。施設の予算等、都合はあるかもしれないが、人の命の比べればなんともちっぽけな支出であろうか。スポーツ施設では、金を惜しまず、是非とも導入してほしい。

 

 

操作方法がわからない

 

AED導入にあたって、AED講習会等が開かれ、AEDを使うことができる人が増えてきているのが事実だ。しかし、現状AEDを使うことができない人の方が圧倒的に多い。そのため使い方がわからないから使おうと思わない、誰かがやってくれるだろうという他力本願の考え方が民衆の中に生まれ、いざという場面で有効活用されない可能性がある。またAED講習会は休日に主に行われることが多いが、せっかくの休日をわざわざAED講習会のために使うという人はそう多くはないだろう。そのため、意欲的な一部の人間しかAEDを使うことができないという状況が生まれている。普及することはいいことだが、使える人を増やしていく活動にも力を入れていく必要があると私は考える。

 

 

身近な存在に

 

全世界にAEDが普及し、全世界の誰もがAEDを使うことができるようになれば、あのような悲劇が起こることは限りなく少なくなるはずである。そのためにはAEDはもっと身近な存在にならなければならない。AEDは人の命を救うことができる身近な道具なのだという認識を多くの人がもつことができれば、AEDを普及していく意味はこれまで以上に大事になってくる。まだ、AEDは人々の生活から見て遠い存在である。これからは、AEDが生活の一部となるように、そして身近な存在になるように、普及されていかなければならない。

続きを読む≫ 2018/05/08 08:02:08

AEDもスピード買取ができたら

 

救急講習で

 

わが町には子どもを地域の大人たちで預かるファミリーサポートというシステムがあります。うちにも子どもがありますので預けることもありますが、預かる側になることもあります。
預かる側は講習に出て学ぶことが出来ますがその中の救急講習で存在を知りました。
大分いかつい機械でしたので素人には扱えないのではと思いましたが(必要で開けた時はパニックになっていることも踏まえ)開けたら手順に従って音声で教えてくれるのでその時になっても使えそうかなと思いました。
でもいざ使う時が来たら開けるのに相当勇気がいるなと思いました。AEDを設置場所から外すと救急を知らせるために爆音で鳴ると聞きましたので。

 

 

必要な場所の近くにはある

 

駅や学校、幼稚園保育園など必要になる確率の高い場所には設置されているので導入を検討したことはありません。実際に使われて九死に一生を得たという話はいくつか聞きましたが自宅にあって役に立つ機会がそんなにあるとは思えません。
近くに公民館がありますので必要なら公民館まで走ると思います。その時そんな冷静な頭があるか分かりませんが。
救急車も我が家までは6分程で来ますのでよっぽど自宅にないと取りに行ってる暇もない気もするのですが。でもその数分の処置で蘇生率も上がると聞いています。
もう少し安価なら気軽に自宅に置いてもいいですが金額的にあまり気軽に買えるものではないですね。

 

 

導入価格が高い

 

やはり購入するにも何十万では普及させるのに現実的な価格ではないと思います。
保険と同じで万が一の事態に陥った時は「あってよかった!」となるのでしょうが旅行やおいしいものを食べるお金を削ってまで購入したいとは思えません。

 

 

低価格かつコンパクトかつオシャレに

 

価格面でももう少し気軽に購入できる金額に、願わくば質店のBUYSELLでも取り扱ってほしいという希望と共に大きさもコンパクトになることを希望します。
価格面のハードルもそうですが我が家は子どものもので溢れています。
そんな中で多少小さくなってもあまり意味がないと言われればそれまでですが生活の中に溶け込んでくるものとしては見栄えがよくコンパクトなものが望ましいです。すぐ取り出しやすく壁掛けタイプですとあの赤十字は家庭の中ではインパクトがありすぎます。公的スペースでは目立たなくてはいけませんが家庭内に置く場合家族が「AEDはあそこにある」と認識できていればいいのでオシャレなものだといいなと思います。

続きを読む≫ 2018/04/14 09:23:14

NHKのニュース

 

たしかニュースを見ていてAEDという単語を聞いて何だろうと思ったのが知るきっかけだったはずです。心臓が止まった時に指示に従って電気ショックによる蘇生を行えるといった事を耳にしました。今まで心臓マッサージしか知らなかったのでAEDという聞きなれない単語とその用途に覚えておこうと思ったものです。

 

 

個人単位で持つ理由がわからない

 

一般的に心臓が止まるような生活を送る人は早々いませんし、心臓発作が起きた場合はまず救急車を呼ぶと思います。一家に一台持っていた所で消火器と違い医療行為なので責任と言った問題も出ますし正直なところ家にあった所で使うのが不安です。置き場も困りますし、偽物などが出回ったりしていざ使ってみたら効果がないとかあれば悔やんでも悔やみきれませんので。

 

 

用途が限られすぎている

 

救急箱や消火器といったものと違い、まず自分一人では使う事が出来ず且つ何に使うのかがAEDという単語から読み取れない。知ってる人は知っていても知らない人は知らないで終わってしまうのとお年寄りになるとさらに音声ガイダンスがあっても操作に従う事自体が困難な人もいます。ましてや心臓と言った命にかかわる事を医師でもない一般人が使うには避難訓練のように何度も繰り返し覚える必要があると思います。また電極パッドは使い捨てなのでコストも高いですし、やはり一般家庭で一台持つより救急車を呼び、車での間は救急隊員の指示の元心臓マッサージを行う方が良いのではないかと考えてしまいます。

 

 

コンパクトサイズ、それと設置場所の増加

 

自宅に置くにはやはりコストが気になるのと、一人では使えない、命にかかわる責任を他者が背負うと言った問題があります。そのためにも低価格化は必須として大きさももっとコンパクトで軽量が良いと思います。また出来る限り一人一人が使い方を覚える様に義務教育で講習を行うと同時におもちゃにされないような工夫も必要と考えられます。今後数年は後期高齢者が増加するのでAEDが必要になるケースが増えるかと思いますし、それによって緊急時に使ったはいいが別の人も必要になったけどAEDが使いまわせないのでどうにもならない。また大きさと重さで遠くから運ぶのも苦労とかが有り得るかもしれません。そのためにも低価格でコンパクトで軽量のAEDが開発されればいざ街中で必要な人が出た場合にも今以上に素早く対応が出来ると思います。

続きを読む≫ 2018/04/14 09:23:14

 

会社の消防訓練の義務で

 

以前在籍していました会社では、年に一度、消防の訓練がありました。
各部署から1名必ず参加するということが義務付けられていたある年に私は参加し、
会社がある自治体の消防士から直接指導を受けて、AED(自動体外式除細動器)について、詳しく知りました。
普段街を歩いていたり、また、毎年春と秋の火災予防週間なると、メディアの報道で取り上げられる機会が多いため、
AEDの存在そのものは知っていたのですが、この消防訓練に参加しましたときに、緊急事態に遭遇した際の使用方法を、初めて理解できたのでした。

 

 

最終的には個人で持てれば心強い

 

AEDの導入については賛否両論があると考えますが、例えば自宅に設置するとなると、価格が高いと思います。
自分や家族の命や財産を守る機器として、AEDの他にも消火器や、火災報知器、オレオレ詐欺防止のための固定電話専用機器、
防犯のためのカメラ付きインターホンなど、数々浮かびます。
その中でAEDの設置は、価格的に現在はまだ、家族の経済的な負担が高いと感じるのですが、
家族内に心肺蘇生の必要がある人物が要る場合には、ぜひ、積極的に持つことを検討するといいと思います。
最終的には各個人が家庭に持てれば、高齢者世帯を含めた近所も安心感が強いと、低価格化を希望します。

 

 

町内会や自治体での複数設置を望みます

 

AEDの設置で、現在ネックとなっている理由は、設置するための価格ばかりではなく、
一般の人に使用方法が十分浸透していないという点だと感じています。
冒頭でも述べましたが、私は会社で参加が義務でありました消防訓練でその使用方法を知ったのですが、
正直な気持ちを述べますと自発的にはAEDについて学びには行かなかったと感じています。
緊急時に見ず知らずの方に、専門性を感じさせる機器を使って、人前で助ける行動を起こすことに、
抵抗感を抱いてしまうという気持ちが恥ずかしながら、ずっとあったからでした。
しかし、消防の訓練では、
「手を差し伸べてAEDを操作した人間には、現場に関して何の責任も問われない」
ということが、繰り返し、消防の方から、消防訓練の参加者に伝えられました。
また、この訓練当日に、このAEDを使って心肺蘇生した方々の確立の高さを知り、
「責任を問われないならば、これからは勇気を出して現場ではAEDを使ってみよう」
と思いを改めたものでした。
このような自分の経験を振り返ると、市民の何パーセントには、AEDの使用方法の理解を義務とする、という方法が最適かと感じます。
設置につきましては、自治体や、各町内会などで、複数設置することがまず第一歩だと思います。
そして、住民に、使用の仕方を、一度学んだ人間も含めて、教える機会を定期的かつ継続的に自治体や町内会主催で持っていくことが可能なのではと感じました。

 

 

AEDの低価格化と、数のますますの普及を

 

AEDの浸透を阻む、大きな二つのネックは、価格の高さと、使用方法を学ぶ機会が義務化されていない、ということだと感じます。
この二つを改善していくことで、AEDの普及がますます進んでいくことを期待しています。
2020年の東京オリンピックに向けてスポーツに注目が集まっています。
例えばですが、今が旬のスポーツ選手をAEDの広告に器用するなどの方法で、
「AEDを操れることはかっこいいことなのだ」という意識を老若男女に上手に訴えることは、
AEDの存在を国民に広く浸透させることに一役を買うと考えます。

続きを読む≫ 2018/04/14 09:22:14

aed価格調査

AEDについて興味深い調査がありましたので紹介します。

日本の政令指令都市(人口が50万人以上の市で国内では20都市有り)の大きな都市に聞いた時の話だそうですが、AEDの設置している場所を知っているか知らないか?の質問に対し14%もが知らないという回答が有り。
更には、設置してある場所が解るが教えてあげられなるほど熟知していない人が40%との結果を見ました。

 

この数字が本当であれば、残念な結果だと思います。
アンケートですから本当の事と乖離が多少はあるかもしれませんが、合計、約50%以上の人がAEDの場所を熟知していないのですからスムーズに設置場所まで行けなく、スムーズに処置が出来ない可能性が高いという事になってしまいます。

 

国内ではAEDの導入数こそ多くなっていますが、その数字に相反して有効的な活用が出来ていない可能性もやはり否めません。
この事は、他の記事でも紹介をしていますが、AEDの導入に対して義務付けがされていないので、この施設には、有るとか、無いとか判断も困難で、また設置したとしても、ここに設置しましたと報告の義務が整っていないので知らないうちに導入されていたり有ると思っていたのに無かったり、困惑するケースも発生するのではないでしょうか?

 

ましてはこれは人命にかかわる機器ですから、導入義務は色々と難しい事情も多いと思いますので、簡易的な別の方法でも模索して、先にAED設置場所の報告の制度が完備され

精度の高いAEDの設置場所の知る機会を一般市民に与えてくれる方法があればと感じました。

続きを読む≫ 2015/07/21 06:16:21

aed

表題の通りですがAEDにも記念日があり7月1日はAEDの日とされています。

この7月1日と言う日はゴロ合わせでは無く、今から10年以上前の2004年7月1日に市民でも仕様出来るAEDとして認められた日を記念日としています。

 

市民にも使用出来ると認められた理由は、心停止の突然死の多くは病院では無く病院外が多い為で、現場に居合わせる人の多くは市民だからとの事からです。

 

その日以来AEDの普及に伴い価格も安くなり、お求めやすくもなってきています。

 

もうーつ7月10日のAEDの日以外にも似たような記念日もあります。

 

それは8月10日

aedハート

これはゴロ合わせでハートを取り「健康ハートの日」とされています。
7月10日のAEDの日より古い歴史があり、財団法人日本心臓財団が1985年8圧10日に定められ、心臓病の予防啓発活動を行っているとの事です。

 

このように意識する日を作る事で、忘れかけていた事が思い出され、風化されないようにする目的もあるようですのでこの日位は是非意識してみてはいかがでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/06 07:39:06

AEDと二種免許

意外と知られていないかもしれませんが、自動車免許を取得する際に救命の科目がある種類があります。

 

バスの営業運転が可能な大型の二種免許の話ですが、この免許取得をするには救命を学ぶことが必須になります。
同じ大型の一種免許と違う箇所を考えるとわかるかもしれませんが、それは乗客です。
自分だけでは無く、乗客の保護も必要になると言う事から救命の知識が必要になるのでしょう。

 

普通自動車免許でも同じく、タクシーを営業が出来る第二種免許でも救命の知識が必要になります。
プロドライバーとして当たり前の事かもしれませんが、お客様を守る事もハンドルを握るプロドライバーとして大事な事です。

 

その講習を受けた人の感想を紹介

 

この講習では、丸1日かけて行われました。
具体的な対応方法の授業があり、事故が発生した時、負傷者の確認そして安全の確認と移動、救急車、消防等の通報そして救急車が到着するまでの負傷者の救命処置と一連の事を学んだと思います。
この講習を受けて新たな発見がありました。

 

それは、

  • 負傷者は絶対、移動してはいけないと思っていたのですが安全な場所へ移動するとなっていた事
  • 負傷者へ声掛けを行う事。救命活動とは直接関係無いと思っていたのですが救命の一環と言う事

負傷者の動転した気持ち、パニックを落ち着かせる事も大事。

 

恐らく講習を受けていなかったら、間違った知識のままだったかもしれません。

 

また、即席の応急処置方法も習い、三角巾またや木を使った骨折の措置方法など記憶にあります。
2種免許所有者は救命の講習を受けた人達の集団です。

続きを読む≫ 2015/07/06 07:38:06

ホーム RSS購読 サイトマップ